日本の動物福祉の向上を 公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

      Every  animal on Earth has a right to live

03-3710-1022

対応時間:平日 9:00~17:00

子猫虐殺動画事件 地検に要望を(2017年9月)

2017年9月 子猫虐殺動画事件 皆様から地検に要望を!

仔猫虐殺動画

子猫の虐殺動画をネットに投稿した男が、8月31日に逮捕されました。

6月、インターネット上に少なくとも2頭の子猫を粘着テープで縛ったたうえ、乱暴に肛門をティッシュペーパーでこすったり、圧迫するなどして虐殺する動画が投稿されました。

仔猫虐殺動画

1動画
白毛の子猫に対し、両前足にガムテープを巻きつけ拘束し、激辛チリソースを塗った綿棒を口の中にねじ込み、その後ティッシュペーパーで乱暴に肛門をこすり続け、肛門から出血させるという虐待・傷害行為を行い、強くつかみ激しくゆすり続けることで骨折させて死亡させた。

仔猫虐殺動画

第2動画
キジトラ毛の子猫の両手にガムテープを巻きつけ拘束し、さらに目、鼻、口を覆うように顔面にもガムテープを貼り付けた(顔面のテープを途中で追加したり、押さえつけたりもした)。その後、ティッシュペーパーで乱暴に肛門をこすり続け、肛門は赤くただれ出血した。3分44秒ある動画中、終始、容疑者は子猫を握りつぶすように強くつかみ、時に尻尾をつかんで逆さ吊りにし、子猫は終始、悲鳴をあげ続けていた。

 

男はこの動画に次のコメントを残しています。

「子猫の強制排尿・排泄!」

仔猫虐殺動画

「仕事などに行っている間はどうなのかわかりませんが、おしっこだけは毎日出ていたようです。かなり便通が悪く、ほぼ毎日強制排尿・強制排便しておりました。暴れるため、爪を切る前の動画です。ガムテープなんかなくてもできちゃいますね!日々強く擦り過ぎて、肛門なども皮が擦りむけ、少し血が出て真っ赤になってしまい、やはり力の入れ過ぎでした。。。

力の入れ過ぎって、おろしがねで大根をすりおろしするぐらいの力を入れてました。

それでも排便はなかなか出なく、身体をギュッと強く握ると、なんとか出てました!が、内臓、肝臓、腎臓、胃?などが圧迫されたためか、苦しそうに悲鳴をあげていました。日々強く握り、強く擦り過ぎたためか、5月下旬に最後の悲鳴をあげて、ぐったりと亡くなりました。無念!!」

この虐殺動画について、数多くの通報が全国の警察署に寄せられ、その男はその後逮捕されました。
▼逮捕を報じたテレビ報道
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3144525.htm

Evaは、NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)と連名で告発人となり、専門家による獣医学的観点から被疑者の行為の残虐性を述べた意見書とともに代理人弁護士を通じて告発状を提出していました。

今回の被疑者逮捕については、市民からの通報を真摯に受け止めて捜査を進めてくださった警察署そして関係各機関の皆様に深く感謝いたします。

検察に皆様の声を

あ今後は、検察が容疑者を起訴するかどうかの結論を出すことになります。 こんなにも残酷な行為は断じて許されるべきものではありません。ですが日本では、動物虐待で懲役刑が下されたことはありません。これは社会が動物の「いのち」を軽視している証しであり、また動物虐待を許すことにより、更なる暴力のエスカレートにつながります。
また、今回多くの方から、当協会にお問い合わせいただきました。中には動画を見てから胸が苦しくなり、食事も喉を通らないと泣きながらお電話くださる方もいました。多くの方がこの事件に衝撃を受け、どうにかしたいと自ら動きました。どうかこのような多くの方々の思いを逮捕だけで終わらせず、動物虐待は犯罪だということを広く周知させるためにも、必ずや起訴となり、懲役2年を求刑させるよう検察に皆様の声を届けてください。
ご協力の程よろしくお願いいたします。
※要望は、郵送もしくはメールフォームでお願いします。直接のお電話での問い合わせはお控えください。


■横浜地方検察庁 小田原支部
〒250-0012 小田原市本町1丁目7番1号 小田原法務合同庁舎
▼メールフォーム(横浜地検共通)
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=007

その他の動物事件について

栃木県矢板市の引取り屋ネグレクト事件

動物愛護法 44条2項違反(ネグレクト)の適正な運用と起訴を求めます!
昨年、NHKクローズアップ現代でも報道された、栃木県矢板市の引取り屋ですが、あれだけの飼養管理がされていないネグレクト状況の証拠がありながら不起訴処分となりました。
今、動物愛護法44条2項違反(ネグレクト)の適正な運用と起訴を求める署名が立ち上がってます。署名のご協力お願いいたします。

署名はこちらから

埼玉税理士 バーナーで猫をあぶり殺した動物虐待事件

猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして虐待死させた、大矢誠容疑者を懲役刑に!
埼玉県税理士の動物虐待事件。動物愛護管理法がありながら、多くが適正に運用されず不起訴との判決になります。報道されているものは氷山の一角、同じような事件は水面下で沢山起きています。動物虐待は犯罪です。法に則り適正に処罰されることを求めます。署名のご協力お願いいたします。

署名はこちらから

『公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

Eva里親会情報

Evaオリジナルグッズの販売ぺージへ

yahooネット募金

かざして募金

かざして募金

かざして募金