日本の動物福祉の向上を 公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

      Every  animal on Earth has a right to live

03-3710-1022

対応時間:平日 9:00~17:00

いのち輝くこどもMIRAIプロジェクトin練馬区立関中学校(2016年6月)

2016年6月いのち輝くこどもMIRAIプロジェクト
in 練馬区立関中学校

こどもMIRAIプロジェクトin練馬区関中学校

2016年611日(土)東京都練馬区立関中学校で開催された「命の尊重」をテーマにした
道徳地区公開講座に参加させていただきました。

※道徳地区公開講座とは:学校の道徳授業を公開し、保護者や地域の皆さまと共にこれからの道徳教育を考えることを目的としたもの。

命をテーマにした道徳公開授業

こどもMIRAIプロジェクトin練馬区立関中学校

1校時は、各クラスで行われている「命」についての授業を参観させていただきました。

●1年生:詩から考える「生きるってどんなこと?」
●2年生:動物を育てその命をいただくことの意味を考える「命ということ」
●3年生:病気になった方の手記から命の重みを考える「和田真由美さんの手記」

各学年ごとに共通の資料で「命」を考える道徳授業が行われていました。
写真は2年生のクラスでの授業風景です。人が生きるために動物の命をいただくことについて深く考えさせられ
る授業内容でした。

Evaスタッフによる講演

こどもMIRAIプロジェクトin練馬区立関中学校

2校時は体育館にて、Evaスタッフ斉郷が全校生徒540人に向け講演を行いました。

まず、初めにどんなペットを飼っているのか聞いてみました。犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、亀・・・。あちこちから元気な声があがりました。さらに、「ペットとはどんな存在?」と問いかけてみたところ、「家族」「友達」「かわいい」等々の答えがすぐに帰ってきました。

生徒のみなさんにとって身近な存在である動物たち。
犬猫の飼育頭数を見ても今や
15歳未満の子どもの数よりも多く、まさに私たちの家族、伴侶といった存在です。

こどもMIRAIプロジェクトin練馬区立関中学校

しかし、そんな犬猫たちが、1年に10万1千338頭も殺処分されているという大変厳しい現実があること、その根底に存在する日本のペット流通の問題、また命が尊重されているとは言い難い悪徳ブリーダーの問題やオークションの現状についてお話しいたしました。

しかし、その一方で失われようとする命と向き合い日々活動している個人の方やボランティア団体さんがいることや、動物愛護センターから家族として犬猫を迎えた人々が、その犬猫から幸せをもらったというエピソードなどもお伝えしました。

道徳協議会

講演終了後、保護者、先生方、Eva事務局の三者で協議会を行いました。

・ペットという生徒たちには身近な存在から命を考えることができてよかった。
・殺処分など、動物を取り巻く問題が存在することはなんとなく知っていたけれど、目の前にはっきりと見せられると涙をこらえるのに必死だった。
・うちに帰って、子どもの感想も聞いてみたい

などの感想を頂き、意見交換ができた大変貴重な会となりました。

生徒さんからの感想

こどもMIRAIプロジェクトin練馬区立関中学校

後日生徒さんから感想をいただきました。一部ですが掲載させていただきます。

・たくさんのどうぶつの命の最後の写真を見て、涙がでそうになりました。私たち人間の身勝手で捨てられた命は、本当に救うことの出来ない命だったのか、こうなる前に止めることが出来なかったのか、そんなことを考えさせられました。

・ペットショップで当然のように売られている動物だけれど、それは命のやり取りをしているんだと今日改めて感じました。

・今日学んだ「桜耳」なども、猫を見かけたら確認するなど、今後の生活に活かせるようにしたいです。

・身近にある命、小さなものでも大きなものでも変わりなく、大切にしていきたいと思います。自分も実際、犬を2匹飼っているので、最後に教えていただいた想像力をもち、関わっていきたいです。また、その想像力を身近な人に対しても大切にして、日々の生活を送っていきたいです。

・犬などの動物にケガをさせても「器物」破損になることも、私は納得がいきません。人だけでなく、犬や猫だけでなく、虫も、植物も、全ての生き物をしっかり命のあるものだと考え、これから、少しでも多くの命を救っていきたいです。

・動物の命の尊さを知らない人がこの世界にたくさんいるという現実から目をそらさずに生活していきたいし、命の大切さを伝えられるようになりたいです。

最後に

講演中に使用した「どうぶつたちへのレクイエム」(児玉小枝著)の殺処分を待つ犬猫の絶望的なまなざしを捉えた写真など、直視するには辛いものがあったかもしれません。

しかし、生徒さんたちのコメントからは、この現状から目をそらさず、しっかりと受け止めたことが伝わってきました。ペットを通し「命」を深く考え「現状を変えるために、自分には何ができるのかを考えていく」というコメントには、心強さを感じました。

今回が、Evaスタッフによる「こどもMIRAIプロジェクト」第1回目の授業となりました。今後もEvaスタッフによる、命の尊さを考える出張授業を行ってまいります。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:info@eva.or.jp

 

~「いのち輝くこどもMIRAIプロジェクト」をご支援ください~
このプロジェクトは皆さまからのあたたかいご支援で成り立っています。

“子ども達の心を育むいのちの教育”「こどもMIRAIプロジェクト」に
是非あたたかいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます

『公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

Eva里親会情報

Evaオリジナルグッズの販売ぺージへ

yahooネット募金

かざして募金

かざして募金

かざして募金