当協会の告発に関する書き込みについて

去る8月20日、日本動物虐待防止協会代表が、当協会代表杉本彩の名前を出し、当記事削除要請の動画をyoutubeに公開したあと、8月27日に当該代表からEvaにメールをいただきましたので下記のように回答しました。
この件に関しまして、多くの動物愛護団体や活動家の皆さま、当協会をご支援してくださる方々から厚くお気遣いとご心配をいただき、重ねてお礼申し上げます。大変お騒がせいたしました。

返信内容

去る8月20日、貴殿が、当協会代表杉本彩の名前を出し、記事削除の動画をyoutubeに公開したあと、貴殿から8月27日に当協会に以下メールをいただきました。

件名:貴団体5月31日付 ホームページ削除の要請
貴団体ホームページ 5月31日付
「当協会の告発に関する書き込みについて」
削除を要求するものである。
・ブロブは既に削除されたものであり私人のブログであります。
・ブログの掲載について本人は、貴団体から承諾を得ていなければ掲載する報告もされていません。
・内容に関して、私人の社会的信用について誤解を招くものであります。
上記理由につき、直ちに削除するよう強く要請するものであります。

このメール後も貴殿は、SNSを通じ当協会に何か問題があるかのような発信を続け誹謗中傷をしています。

5月28日の週刊誌発売後、貴殿とその関係者により、貴殿のSNSや当協会のSNSに次のような書き込みがありました。

・警察は日本動物虐待防止協会以外の告発は受け付けないと言っている。
・それ以外の団体が告発しても、捜査の邪魔になり警察としては困る為、日本動物虐待
防止協会からその旨言って欲しいと警察から言われた。

貴殿の書き込みは、誰でも容易に見ることができる状態におかれ、冒頭で「拡散」とまでしています。貴殿の書き込みにより、当協会に問い合わせが相次ぎ、当協会の業務に支障が生じました。告発の要件を満たしていれば捜査機関は受理を拒絶できませんし、仮に警察が貴殿が書き込んだような趣旨のことを言うのであれば、犯罪を申告し処罰を求める権利の妨害にあたるとおもわれることから、古河警察署に対しそのようなことを貴殿に言ったのか確認したところ、「そのような事実はない」、「そのようなことは言っていない」との明確な回答があり、これらの書き込みが真実とは異なるものであり、記述の削除をするよう貴殿に伝えるとの事でした。

その後、警察から削除の連絡を受けた貴殿は、自身のブログやSNSから警察のくだりを削除編集した上で、誹謗中傷などはしていないとあたかも何もなかったかのように言い続け当協会が一方的に貴殿を糾弾していると言い続けました。そのため、貴殿が消した内容を、当協会HP下記に掲載しています。
http://www.eva.or.jp/info190531

貴殿に対しては、まずはこのように虚偽の書き込みをし、当協会が捜査の妨害をしているかのような理由をあげ、当協会に対し「不誠実である」又は「誠意ある対応を求める」といった書き込みをし、またInstagramには、当協会代表の氏名の頭に「ハッシュタグ」を付け投稿し、当協会や当協会代表の社会的信用を毀損する行為をしたこと、当協会の業務に支障をきたすような行為をしたことに対し書面での謝罪を求めます。8月20日に公開された貴殿のyoutube動画には、誹謗中傷は一切していない、しているならその文面を消すので一報欲しいとありますが、一旦公に誹謗中傷している以上、事後的に消しさえすれば済むというものではありません。当協会は、貴殿の謝罪文を確認次第、貴殿の書き込みの画像の削除を検討いたします。

また貴殿のyoutube動画には、告発に関し相互に情報共有することが必要とありますが、告発に関しては捜査機関に協力すればよいのであり、貴殿と協力する必要はありません。当協会に情報を寄せていただいた方々からいただいた資料には、個人情報も含まれます。当協会だからと証拠を寄せてくださった資料を外部と共有することは出来ません。もちろん当協会は、協力体制を取らない訳ではなく、全国の信頼出来る動物愛護団体や個人活動家の皆様、政治家、弁護士、獣医師、記者等さまざまな方と連携させていただいています。逆に信頼出来ない方々とは一切関わりを持ちません。

この件について、今後謝罪がないまま当協会や当協会代表を誹謗中傷するような行為が続いた場合、法的措置も含め対応を検討させていただきます。

2019/9/6


 

当協会が告発している事案に関しまして、日本動物虐待防止協会関係者のSNSfacebooktwitterInstagram)やブログ、そして当協会のSNSに、以下のような趣旨の投稿がありました。

・警察は日本動物虐待防止協会以外の告発は受け付けないといっている。

・それ以外の団体が告発しても、捜査の邪魔になり警察としては困る為、日本動物虐待防止協会からその旨言って欲しいと警察から言われた。

 

このようにあたかも当協会が捜査の妨害をしているかのような理由をあげ、当協会に対し「不誠実である」又は「誠意ある対応を求める」といった書き込みが多数あり、Instagramには、当協会代表の氏名の頭に「ハッシュタグ」を付けた書き込みも見られました。

これに関しSNS投稿等の原文を見せて古河警察に確認したところ、「そのような事実はない」、「そのようなことは言っていない」とのことで、これらの書き込みが真実とは異なるものであることを確認しましたので、ご心配いただいた皆さまにご報告いたします。

また、当協会は、日本動物虐待防止協会の告発とは無関係に、以前より告発の準備を進め告発に至ったものであり、日本動物虐待防止協会の動きに追随し告発をしたものではありません。

当協会は、適法な手順を踏み告発を行っておりますので、当協会や当協会代表を誹謗中傷するような行為に対しては法的措置も含め対応を検討させていただきます。

引続き今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

2019/5/31

告発に関する書き込み

5/28藤村氏の書きこみ
その後削除、編集されました。

告発に関する書き込み

5/28藤村氏の書きこみ(続き)
その後削除、編集されました。

告発に関する書き込み

当協会への藤村氏からの書きこみ
現在は削除しています。

yahooネット募金

Evaオリジナルグッズの販売ぺージへ

いのち輝くこどもMIRAIプロジェクト

つながる募金

Otameshiおトクに試して社会貢献

『公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~