動物福祉・虐待についてQ&A

動物福祉・虐待についてQ&A

動物福祉、動物の引き取り、虐待に関するよくあるご質問をご紹介します。

犬猫を飼えない。ひきとってもらえませんか。

当協会は引き取りを行っておりません。

当協会にはシェルター等動物の収容施設がない為、動物の引き取りは行っておりません。終生飼養(動物がその命を終えるまで適切に飼養すること)は、飼い主としての責務です。

ご自身の病気などやむをえない理由で、どうしても飼えなくなった場合には、友人、知人に声をかけ新しく飼ってもらえる人を探してください。かかりつけの動物病院に里親募集のポスターを貼っていただく、里親募集のサイトに登録するなど、あなたの愛犬、愛猫のために考えられる限りの努力を最後まで諦めずしてください。

※ただし、犬猫を物と同じように簡単なやりとりで引き渡せるウェブサイトもありますので、責任を持って登録サイトを選んでください。また虐待目的で里親希望者を装う者もいます。里親希望者においては、動物を迎える意志、生活環境、金銭的余裕などの確認を怠ってはなりません。少しでも不信感を抱いたら譲渡は見送りましょう。

犬・猫を保護しました。どうしたらいいですか。

最後まで諦めずに命をつないでください。

まず、子猫の場合は周辺に母猫がいないか探してください。いない場合はすぐ保護し動物病院へ連れて行き、健康チェックをしてください。

子猫を見つけたら?

成犬成猫で迷子の可能性がある場合は、飼い主がいないか、最寄りの保健所、動物愛護センター、警察に保護している旨連絡をお願いいたします。

飼い主が見つからない犬猫の場合、ご自身の家族として迎え入れることが一番望ましいですが、それが難しい場合は、里親がみつかるまでご自身でお世話をしていただくか、知人や友人、友人の友人、動物病院など一時預かり場所を探してください。

団体や個人で活動をしている所に「何とか助けて欲しい」「預かって欲しい」これは単なる丸投げです。保護活動をしている団体は、一匹でも多くの命を昼夜問わず救いそしてお世話しています。あなたが「何とかしてあげたい」そういう気持ちで保護したのなら、そこからあなたの「保護した責任」が生じます。団体に連絡したからそこが何とかしてくれるだろうは甘いのです。あなたが思った「何とかしてあげたい」その気持ちを最後まで持ち、目の前の命をつなぐべく、どうかあなた自身の手で新しい飼い主を探してください。そしてもしあなたの周りで犬や猫を保護した方がいたら、その方にどうぞ協力してください。それが私たち一人ひとりに出来ることです。

虐待されてるかも知れない。どうしたらいいでしょう?

動物への虐待や遺棄には屈しない強い態度を

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

環境省-虐待や遺棄の禁止

動物虐待とは、動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。

このような虐待や遺棄の現場を見た場合は、警察、最寄りの保健所、動物愛護センターに連絡してください。

その際、場所や日時、状況を具体的に伝えるようにしてください。写真や動画、音声があると証拠となります。写真や動画は、その場所が特定できるよう(地番や店舗名等)撮るようにするとよいです。
また、虐待の現場に遭遇した場合は、ためらわず110番してください。
虐待が続くときは、あきらめず再度連絡してください。

適正な不妊去勢や譲渡といった対策をしないで無制限に繁殖させる多頭飼育も虐待です。都道府県・市区町村から注意を受けその指導に従わないと、警察によって逮捕されることもあります。

よくある質問を見ても解決しない方は、お問い合わせフォームへご連絡ください。
また「お名前、ご住所、電話番号」がない場合はお受けできませんので、ご了承ください。

尚、当事務局は少数のスタッフにて運営しておりますので、ご返信までにお時間を頂く場合がございます。 またお問い合わせの内容によって返信の出来ない場合がございます。 何卒ご了承下さいませ。

プライバシーポリシーはこちら

Eva里親会情報

yahooネット募金

Evaオリジナルグッズの販売ぺージへ

みんなでわっしょい!プログラム

つながる募金

Otameshiおトクに試して社会貢献

『公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~