動愛法改正のふりかえりと今後の課題シンポジウム2019

2019.7.27(土)
13:00~16:30(開場12:30)

会場:大阪歴史博物館 講堂(4階)
定員:278名

当協会Evaは、一昨年の7月から大阪市より「おおさかワンニャン特別大使」を委嘱され、大阪の動物福祉の取組みへの助言等をさせていただいております。先日は、吉村洋文大阪知事がSNSで、大阪版動物虐待防止施策を現在検討中で、遠くない将来実行して下さるとのコメントがありました。

杉本彩
公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長

そこで今回、日本初のアニマルポリスの実現を願い、大阪の動物福祉の取組みを応援するシンポジウムを開催します。

国会で成立した動物愛護法改正についての条文説明や虐待事例、動物虐待の罰則強化の話題とともに、今後の課題について皆様と共有したいと考えています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【第1部】

■法改正条文の説明と課題:事務局木野内晃子衆議院事務局

■動物虐待厳罰化の御礼とご報告:代表理事杉本彩、事務局長 松井久美子

■事例紹介①:大阪市わんにゃんセンター職員
■事例紹介②:事務局長 松井久美子

【第2部】

■トークディスカッション:動物愛護団体、大阪市職員、大阪市議、代表理事杉本彩
 

※プログラム及びパネリストは、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

お申込み時のご注意事項

複数名でお申込する場合、代表者様のお名前と、ご同伴者様の氏名を全てご入力下さい。
参加費無料、事前申し込み制、自由席となります。
・お申し込み後、キャンセルする場合はご連絡ください。
・講堂は飲食禁止です。
・当日会場での音声の録音、写真・動画の撮影はご遠慮いただいておりますので、ご協力の程よろしくお願い致します

190727シンポジウムチラシ

シンポジウム当日の注意事項

<持ち物>
Webフォームよりお申込みいただいた方は、お申込み後に自動返信いたします「お申込み完了のお知らせ」メールをご持参ください。FAXでお申込みの方はFAX用紙をご持参ください。

<入館について>
直接、4階講堂にお越し頂き受付を済ませて下さい。

 

◆大阪歴史博物館(講堂)
大阪市中央区大手前4丁目1-32 4階
TEL:06-6946-5728

◆最寄り駅
地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号・9号出口
シティバス「馬場町」バス停前

◆アクセス・地図
http://www.mus-his.city.osaka.jp/visit/access.html