改正動物愛護管理法を考えるシンポジウム

2018.10.4(木)
15:30~18:20(開場15:00)

会場:衆議院第一議員会館 大会議室
定員:300名

昨年3月から開催されている「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」の動物愛護管理法改正に向けたプロジェクトチームの会議では、毎回多くの問題点が議論され、今年7月の総会では、70項目に渡る取りまとめ案が出されました。今後は、本年秋の臨時国会での成立を目指します。

杉本彩
公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長

そこで今回のシンポジウムでは、議題に上がった8週齢規制や飼養施設の数値規制、マイクロチップの方向性、動物取扱業の免許制、また動物虐待における罰則規定など、現実的かつ実効的な法改正にむけて議論を行います。
多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

第1部
■8週齢について:動物との共生を考える連絡会代表 青木貢一
■告発事例から見えたこと:公社)日本動物福祉協会 町屋奈
■数値規制:京都動物愛護センター 相談係長 河野誠
■動物虐待について:Eva理事長 杉本彩

第2部
パネルディスカッション「事例から見る法改正」
生方幸夫(立憲)、中野洋昌(公明)、佐藤光子弁護士、藤野真紀子、環境省、杉本彩

※プログラム及び講師、パネリストは、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

 

チラシダウンロード

複数名でお申込する場合、代表者様のお名前と、他何名かをご記入ください。
参加費無料、事前申し込み制、自由席。

改正動物愛護管理法を考えるシンポジウム

シンポジウム当日の注意事項

<持ち物>
Webフォームよりお申込みいただいた方は、お申込み後に自動返信いたします「お申込み完了のお知らせ」メールをご持参ください。FAXでお申込みの方はFAX用紙をご持参ください。

<入館について>
①衆議院第一議員会館玄関の左脇にEvaスタッフがおりますので「シンポジウム参加」とお伝えいただき「通行証」を受け取って下さい。
(右側入口からの手荷物検査は必要ございません。)

②セキュリティゲートを通過→エスカレーターでB1Fへ→右斜め前方に進み渡り廊下を直進→大会議室へ。
(ご不明な点はEvaスタッフ案内係にお声がけください。)

③大会議室内に受付を設けております。
「お申込み完了のお知らせ」メールに記載してあります「ご登録番号」を受付の者にお伝えください。FAX用紙をご持参の方はご提示ください。お申込み書をお忘れの場合は、名刺又はご本人様確認ができるものをご提示ください。

<遅刻について>
シンポジウム開始後30分までは、Evaスタッフ案内係が1F玄関におりますが、それを過ぎてのご入場の場合は議員会館受付にて「シンポジウム参加」の旨をお伝えください。スタッフがお迎えに上がります。

<退館について>
退館時、通行証は1Fセキュリティゲートを通過した付近に設置してあります返却BOXにご返却ください。

 

◆衆議院第一議員会館 大会議室
(東京都千代田区永田町2-2-1)

◆最寄り駅
国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)